よくあるご質問

BlackBerry®スマートフォンについて

BlackBerry®とはなんですか?

カナダのリサーチ・イン・モーション社が開発及び製造を行っているスマートフォンです。Qwertyキーボードが搭載されており文字入力がしやすく、セキュリティの高さが特長となります。海外では、iPhoneやAndroidと肩を並べるスマートフォンの一つになります。

特長は何ですか?

扱いやすいQwertyキーボードが搭載されており長文のメールも楽々入力できます。
iPhoneやAndroidはをインターネットなどの情報を参照するためのツール、BlackBerry®は情報を発信するためのツールと言えます。
※最新のBlackBerry® Bold 9900はタッチパネルに対応し、インターネットブラウザもiPhoneやAndroidと同レベルになりました。

ビジネス向けのスマートフォンでしょ?

いいえ
海外では、一般の人も個人用途で気軽に使っています。
AppleのiTunesから音楽をダウンロードしたり、動画の視聴も可能です。
BlackBerry®ユーザー同士はMessengerアプリで気軽にチャットを楽しむこともできます。

OSは何?

BlackBerry®の独自OSとなります。

ウィルス対策ソフトは必要?

BlackBerry®は、OSレベルからセキュリティを意識しており、これまでウィルスに感染したという事例はありません。
よって、BlackBerry®でのウィルス対策ソフトは不要です。
※「BlackBerry® App World」以外のアプリ配布サイトに関しては、ウィルスではありませんが悪意のあるアプリケーションが含まれる可能性があります。

アプリケーションは多いですか?

残念ながらiPhoneやAndroidのように多くはありません。
特にアミューズメント性の高いアプリケーションは少ないです。
しかし、FaceBookやTwitterなどの定番アプリ、ビジネス向けアプリは数多く用意されています。
詳しくは「BlackBerry® App World」を参照してください。

BlackBerry®を使うには会社にサーバを用意する必要があるのでは?

いいえ
ドコモショップで「Blackberry® Internet Service(BIS)」を契約すれば、普通のスマートフォンと同じく個人で使うことができます。
ドコモのSPモードのメールアドレスや一般のプロバイダのメールの送受信を行うことができます。
企業内のグループウェアのメールをBlackBerry®で送受信する場合は、BlackBerry® Enterprise Serverの導入が必要になります。

通信費が高額になるのでは?

BlackBerry®は、独自のプロトコルで通信量も最小限になるように最適化されています。
海外で大きなメールを受信したとしてもメールの先頭部分しか受信しないため、他のスマートフォンと比較して通信量を抑えることができます。

Qwertyキーボードって使いやすい?

非常に使いやすいです。
他にもキーボードを搭載したスマートフォンはいくつか存在しますが、BlackBerry®のキーボードは特に使いやすいです。
慣れれば外出先から、長文のメールを書いて送信することも問題ありません。

バッテリーの持ち時間は?

他のスマートフォンと比較すると非常に持ちます。
但し、最新の9900に関しては高機能化に伴いバッテリー消費も多めになっています。

端末上にメール情報やファイル情報は残るの?

残ります。
BlackBerry®はメモリ内にメール情報やファイル情報を暗号化することにより保護します。
それにより、BlackBerry®が圏外であっても受信済みのメールやファイルを参照することが可能になり、安全性も確保されます。

どんなふうに暗号化されているの?

BlackBerry®の利用条件によって異なりますが、「Blackberry® Internet Service(BIS)」であれば通信内容はHTTPSで暗号化されます。
BlackBerry®のメモリ内は設定によってアメリカ合衆国の新暗号規格(AES)で暗号化されます。
※SDカードの内容も暗号化することが可能です。
もし、「Blackberry® Enterprise Service(BES)」で利用するのであれば、通信の内容もすべてAES規格で暗号化されるため通信経路の途中で傍受されても内容を解読することは実質的に不可能となります。

ブラックベリーインフラストラクチャって何?

リサーチ・イン・モーション社がインターネット上に用意しているNOC(Network Operating Center)です。
BlackBerry®の通信はすべてNOCを経由します。これにより、BlackBerry®の通信経路の途中で傍受された時に、どこのメールサーバと通信を行っているかを特定されることを防ぐことができます。

Wi-Fiは使えるの?

はい
一度、Wi-Fiの設定を行うとそのWi-Fiの圏内に行くと自動的にWi-Fiでの通信に切り替わります。

メールの添付ファイルは見れるの?

MS-OfficeやPDFファイルを見ることができます。
※パスワード付きが開けないなど一部の制限はあります。

スマートカードリーダーって何?

BlackBerry®のオプションでbluetoothで接続される認証機器であり社員証などと連携することが可能です。
これを使用することにより、BlackBerry®の紛失、盗難、第三者による不正利用を防ぐことが可能です。

BlackBerry® Protectって何?

「BlackBerry® Internet Service(BIS)」時に利用できるセキュリティアプリケーションになります。
遠隔消去、端末の位置確認、通報オンなどが利用できるソリューションが無償で提供されています。
※BlackBerry® Enterprise Server接続時は利用できません。

BlackBerry® Enterprise Server

BlackBerry® Enterprise Serverとはなんですか?

BlackBerry®端末を会社内のグループウェアに接続するためのサーバソリューションです。
強力な端末管理機能(MDM)とセキュアな通信を提供します。
標準的には、Microsoft® ExchangeとIBM® Lotus® Domino®に対応しています。

BlackBerry® Enterprise Serverは無料ですか?

有償のエンタープライズ版と無償のExpress版の2つのエディションがあります。
Express版は、エンタープライズ版と比較して端末管理の項目が限定され冗長構成が省かれた廉価版となりますが必要十分な機能が用意されています。

BlackBerry® Enterprise Serverが他の端末管理(MDM)ソリューションと違うのはなんですか?

端末管理機能に加えて、セキュアな暗号化通信、VPN機能をオールインワンで提供します。
iPhoneやAndroid向けの一般的な端末管理(MDM)ソリューションは、基本的に端末管理機能を提供しますが、BlackBerry® Enterprise Serverは、それに加えて社内ネットワークへの接続機能、通信の暗号化機能を提供します。
なおかつ、BlackBerry®スマートフォンからのすべての通信をBlackBerry® Enterprise Server経由にすることにより、社内のプロキシサーバやメールサーバのフィルタリング制限をBlackBerry®にそのまま適用することが可能になります。
BlackBerry® Enterprise Serverは様々な機能を高いセキュリティを維持したまま提供しており、企業のセキュリティレベルを下げずに企業へのスマートフォン導入が可能なのは現時点ではBlackBerry® Enterprise Serverのみと言えます。

Microsoft® ExchangeかIBM® Lotus® Domino®が必須ですか?

BlackBerry® Enterprise Serverを導入するには、Microsoft® ExchangeかIBM® Lotus® Domino®が必要になります。
もし、社内にMicrosoft® ExchangeかIBM® Lotus® Domino®を運用中であれば、BlackBerry® Enterprise Serverを導入することにより、メール、予定表、アドレス帳、メモ帳、タスクリストが外出先からでも確認及び変更ができ、社内ネットワークのWEBシステムにアクセスすることが可能になります。
自社内にMicrosoft® ExchangeもしくはIBM® Lotus® Domino®が無い場合は、MDaemon®を導入することによりBlackBerry®を社内環境に接続することが可能になります。

どのようなセキュリティ対策が用意されていますか?

400以上の端末管理項目(ITポリシー)、遠隔ワイプ(端末初期化)、遠隔ロック、通信内容の管理など様々な機能が用意されています。

冗長構成は可能ですか?

有償のエンタープライズ版で冗長構成を構築できます。

自分たちで構築できますか?

リサーチ・イン・モーション社のホームページ上に構築の仕方の情報などが掲載されており、それを参考に構築することは可能です。
しかし、構築に関してノウハウ等が必要なことも確かです。早期の導入や、社内で試験的に導入したい場合は弊社までご連絡ください。

サーバのOSは何?

Windows2003Server以降で動作します。

サーバ1台でどれぐらいのユーザ数に対応するの?

通常は500ユーザ程度までサーバ1台で対応可能です。
それを超える場合は、複数台のサーバにコンポーネントを分散して構築することにより対応します。

AndroidやiPhoneには対応していないの?

BlackBerry® Enterprise ServerはBlackBerry®専用のサーバソリューションとなります。
しかし、リサーチ・イン・モーション社からMobile Fusionというソリューションが発表されており、近い将来AndroidやiPhoneにも対応する可能性があります。(現時点では日本国内では未対応)

拠点ごとに構築する必要があるの?

BlackBerry® Enterprise Serverは、Microsoft® Exchange、IBM® Lotus® Domino®のネットワーク毎に構築する必要があります。
つまり公開アドレス帳が共有できているネットワーク上であれば拠点が違っても1台のBlackBerry® Enterprise Serverで問題ありません。

BlackBerry® Enterprise Serverにメール情報が残るの?

BlackBerry® Enterprise Serverは、BlackBerry®スマートフォンとグループウェア(メールサーバ)間の中継サーバとなるので、BlackBerry® Enterprise Server上にはメールの情報は残りません。

構築費用っていくらぐらい?

シンプルな構成であれば65万円程度から構築することが可能です。
※ハードウエア、ソフトウェアライセンスは別途必要

MDaemon®

MDaemon®とはなんですか?

アメリカのAlt-N Technologiesが提供しているグループウェアです。
BlackBerry®やiOS、Androidなどのスマートフォン向けの端末管理機能(MDM)も標準でサポートいます。
国内では、ウェアポータル社をはじめとして数社が販売しており、弊社は販売代理店及び構築ベンダーとなります。

特長はなんですか?

グループウェア機能と端末管理機能(MDM)がオールインワンで提供されています。
グループウェア機能には、メール、予定表、アドレス帳など充実した機能が用意されています。

MDaemon®は無料ですか?

20ユーザ以内でグループウェアのみの利用であれば無料のフリー版が用意されていますが、それを超えるユーザ数もしくはスマートフォンを接続するには有償版が必要になります。
但し、有償版と言っても他社のグループウェアと比較し価格が非常に安価に設定されています。

冗長構成は可能ですか?

ウェアポータル社から販売されているClusterReplicaを使用して冗長構成を構築することができます。

既に別のメールサーバを運用中ですが?

MDaemon®にはPOPコネクタ機能があり、既存のPOPサーバを最短で1分に1回の頻度で取り込むことができます。
また、POPコネクタ機能を使わずに既存のSMTPサーバからMDaemon®にメール転送を行うことにより、必要最低限の負荷で既存のPOP/SMTPサーバに接続することも可能です。

サーバのOSは何?

グループウェア機能だけであればWindowsXP以降で動作しますが、BlackBerry®端末機能を使用する場合はWindows2003Server以降で操作します。

スマートフォンは簡単に接続できるの?

はい
BlackBerry®は、簡易的なBlackBerry® Enterprise Serverを使用して接続できます。
Android及びiPhoneはActiveSyncを使用して接続できます。

グループウェアのクライアントは何?

標準で用意されているWebクライアントもしくはOutlookを使用します。
※Outlook使用時は別途Outlookコネクタを購入する必要があります。

FLOWBB

FLOWBBとはなんですか?

弊社がBlackBerry®用に開発したワークフローアプリケーションです。

特長はなんですか?

BlackBerry® Enterprise Serverとワークフローサーバ間にデータ連携インターフェースサーバを用意し、データ連携インターフェースサーバをカスタマイズすることにより多様なワークフローソリューションに対応可能です。(現在は、intra-martのスタートパック同梱されているワークフローに標準対応)
なおかつ、ワークフローが自分宛に届いた場合、BlackBerry®上でプッシュで通知されるので、素早く確認と承認を行うことが可能です。
ワークフローにMS-Officeのファイルが添付されている場合、それをBlackBerry®上で参照することも可能です。
※添付ファイルの参照には一部制限があります。

FLOWBBは無料ですか?

いいえ
サーバライセンスとクライアントライセンス、お客様の環境によってはカスタマイズ費用が発生します。

どのようなカスタマイズが発生しますか?

既存のワークフローソリューションに関してSOAPやなどのWEBAPIが公開されていれば、中継サーバ上でそれらのWEBAPIに対応することにより対応可能です。
intra-martのスタートパックは標準対応しているため、軽微なカスタマイズで対応可能です。
※intra-martは、株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。
※BlackBerry®および関連する商標、名称、ロゴはResearch In Motion Limitedの所有物であり、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※MDaemon® は Alt-N Technologies の登録商標です。